病院勤務はもう古い!?アルバイト医師が増加している背景

医師ならアルバイトでも年収一千万円以上稼げる

アルバイトと言っても、医師のアルバイトは通常のものとは大きく異なっています。普通は時給数百円か高くても数千円ですが、医師資格があれば、アルバイトであっても日給数万円は稼げます。日給五万円以上稼げることがまったく珍しくない世界ですから、単純に年に200日働くだけでも年収は一千万円をオーバーします。中には、日給十万円ほどで働いている人もいて、そうした人は年収二千万円近く稼ぐこともあります。一般のサラリーマン以上の年収が稼げるのが、医師アルバイトなのです。

アルバイト医師はどんな仕事をしているのか

では、アルバイト医師はどういった仕事をしているのでしょうか。基本的には、そう難しいことはしていません。多いのは、健康診断を担当することでしょうか。たとえば、大手企業に出向いて、オフィス内で一斉健康診断をします。学校に出向くこともあります。大人数の組織では、一人一人が病院に行って健康診断を受けるよりも、医師を呼んで一気に全員分の健康診断を終わらせる方が楽なのです。一日仕事になりますが、健康診断のみならそう難しいことではないので、誰にでもできます。

アルバイト医師の給料以外のメリット

こうしたアルバイトで稼ぐ医師は、精神的にも楽ができますし、体力的にも楽ができます。組織の指示に従う必要もありませんし、休みが欲しければ自分で好きに取ることができます。割と自由な生活ができる点が魅力的だと、医療業界ではもう珍しいものではなくなってきています。確かに、医療技術が伸び悩むというデメリットはあるのですが、医師は無理に技術を上げる必要はありません。医師資格があれば一生食べるのには困りません。

医師のバイトの人気のポイントを理解するにあたり、各地の医療機関の治療方針や患者の特徴を把握することが重要です。